Pocket





俳優の菅田将暉が、芸術各分野において優れた業績を挙げた人物に贈られる『平成29年度(第68回)芸術選奨文部科学大臣賞』の映画部門で新人賞を受賞し、

 

13日に都内で行われた贈呈式に出席した。国家から表彰を受けるのは初めてだという菅田は「すごく不慣れな空間で、

 

国旗と金屏風を前に重い賞をいただくとは思ってなかったので、芸術ってスゴいなと思いました」と喜びをかみしめた。

舞踊、文学、美術、評論といった、普段のフィールドとは違った受賞者たちと同席したことについて

 

「みなさん、それぞれの分野の達人といったオーラを放っていらっしゃったので、僕も負けじと背筋とピンと伸ばしていました」とにっこり。

 

髪型もきっちりと整えて式に臨んだといい「きょうは、なるだけ誠意を見せるように清潔感を出そうと思って、

 

このような髪型にしました。こういった場でワサっとした髪型をしていたら、いけないかなと思いまして」と明かした。



『あゝ荒野』などの演技が評価されての受賞に「役じゃないとボクシングもやらなかったと思いますし、腹筋も割れていなかったと思います」

 

と茶目っ気たっぷりに役作りをアピール。今後、挑戦してみたい役を聞かれると「教師志望でもあったので、やんちゃな中学校の新任教師とかやってみたいですね。

 

僕の高校の時の友人がちょうど教師をやっていて、この間会ったら、すっかり教師の顔になっていたんです。

 

独特の温かみやオーラみたいなのを兼ね備えていて、カッコイイなと思ったので、やってみたいです」と言葉に力を込めた。

今月2日に行われた『第41回日本アカデミー賞』で、最優秀主演男優賞を受賞するなど、

 

人気・実力ともに申し分ない状態だが「この式の前に免許の更新に行ったんですけど、久々に公共施設に素顔で行ったら、

 

やっぱりバレるもんだなと思いました。普通に講習を受けていて、先生に『君、帽子を取りなさい』って言われて取ったら、

 

周りが『おっ』ってなっていて、みなさん知ってくれているんだなと感じました」と告白。

 

「せっかくの講習の邪魔をしたら申し訳ないなと思っていたんですけど、教官の先生は僕のことを知らなかったので、頑張ろうと思いました」と笑わせていた。

 

転載:サイト

ばれるわな~(笑)




 

免許更新の場所は?

 

う~ん。

 

今のところ有力な場所が分かりません。

 

解り次第追記いたします。