Pocket

スポンサーリンク



山根明氏、関西連盟会長は“続投”…「再興する会」は除名、追放の方針

 

暴力団との交際などが問題視され、日本ボクシング連盟の会長と理事を辞任した山根明氏(78)が、8日に大阪市内で辞任表明した直後に、

 

「全日本UJ(小中学生)ボクシング王座決定戦」(18日・大阪)の打ち合わせに参加していたことが11日、分かった。

 

進退を表明していない関西連盟会長として、同大会に来場する可能性を関係者は警戒。

 

山根氏による不正判定などを告発した「日本ボクシングを再興する会」は、日本連盟から除名してボクシング界から追放する方針だ。

山根氏が仰天の行動に出ていた。8日に大阪弁護士会館で、「本当に申し訳ありませんでした」と辞任表明した直後だ。

 

関係者の話を総合すると、その足でエディオンアリーナ大阪(大阪府立体育会館)へ向かい、18日に同所で行われる「全日本UJ―」の打ち合わせに参加していた。

 

ある反山根派の関係者は、「日本連盟の会長と理事は辞めても、関西連盟トップとして居座る腹だ。許せない」と、

 

黒い交際で日本連盟会長の座を追われたことを自覚していない行動に憤る。

「再興する会」は、山根氏の日本連盟の普通会員としての在籍も許さず、ボクシング界からの追放を目指す。鶴木良夫代表(68)は

 

「山根氏には全ての連盟から退会してもらう。日本連盟から除名されれば、奈良県連盟理事でも関西連盟会長でもいられない」と話し、

 

山根氏の除名を決議する臨時総会を、「8月中には開催したい」とした。ただ、18日に迫った「全日本UJ―」で山根氏が関西連盟会長の立場で来場した場合、

 

迅速に阻止できるかは微妙な状況だ。「来たら、会場がパニックになる」と、警戒する関係者もいる。

山根氏はこの日、大阪市内の自宅前などで、報道陣に「今後、どうボクシングと関わるのか」などと質問されたが無言。

 

人さし指を立てて唇にあて、“話せない”というジェスチャーをした。

 

黒い交際を認めたにもかかわらず、いまだ辞任を表明していない関西連盟会長として、少年たちが多数いる試合会場に出入りする可能性がある。

 

ボクシング界の健全化を目指す「再興する会」と、山根氏との闘いは続く。(田村 龍一)

 

転載:Yahoo

 

ネット上では、「これは五輪ダメかもしらん」と悲痛な叫びも見受けられる。
スポンサーリンク



経歴を自ら語った内容

 

そして2018年8月8日発売の週間文春および週刊新潮では山根明会長経歴について以下のように報じられています。

 

山根明会長の母親は韓国人で釜山出身。大阪で山根明会長を産んだものの終戦後母親は父親を残し帰国。

 

母親と3人のきょうだいと共に韓国で生活をしていたものの山根明会長は父親が恋しくて10歳の時に密航。

 

その後大村収容所に入れられ強制送還。数カ月後に密航し再び捕まります。しかしこの時に情報部の通信の憲兵隊であった父親の人脈で
とある国会議員の世話になり(新潮・文春では実名を出していますが事実か不明なのでここでは伏せてます)保証人になってもらいその後日本へ定住。

スポンサーリンク



そして山根明会長の父親が元ボクサーでジムのオーナーだったので山根明会長は小さい頃からボクシングをしていたという。

 

そして22、23歳の時に山根明会長は後に組長となる人物のA氏と出会い彼を兄貴と呼んで慕っていたとのこと。

 

そしてA氏が7年ほど服役していた時に別のところで運転手をしており1970年ごろに再びA氏の事務所に出入りをするように。

 

山根明会長は30代の頃に関西大学ボクシング部OBの清水義彦に可愛がられており

 

清水義彦が指導をする際に山根明会長がトレーナーとして同行しボクシングにのめり込んでいったとのこと。

 

やがて1976年に山根明会長は奈良県アマチュアボクシング連盟に関係をするようになり、

 

山根明会長は1985年に帰化。1994年から2002年にはアマボクシングの上部組織であるAIBA(国際アマボクシング連盟)の実行委員となり常務理事に。

 

そして2011年4月から日本アマチュアボクシング連盟会長2012年10月からは終身会長へ。

 

参考:週刊新潮2018年8月8日発売号
参考:週間文春デジタル

 

自宅住所は?